カテゴリー: アンガーマネジメント

そもそもの考え方が

今朝、息子を駅まで送っていった時のことです。 思っていた以上に道が混んでいて、思わず「間に合うかしら。間に合わないかもしれないわね。次の電車は何分?」と息子に尋ねると、ぼそっと「知らない」と。まるで焦りのないその様子につ…

全文を読む

ちょっと待ってね

数年前から鉢割れ猫を飼っています。 飼うことに決めたのは夫と息子です。 この猫が、遊ぶのはママ(私)と決めているのか、 遊びたくなると猫じゃらしをくわえて私のところに来て 遊べ遊べ(にゃーにゃー)と訴えてきます。 忙しい…

全文を読む

変化を感じる時

以前なら許せないと感じたであろうできごとが目の前で起こっても、 心のなかに日だまりのような暖かさ感じる。 私がアンガーマネジメントをやっていて 本当に良かったと感じるのは、そんな時です。 以前は、たとえば子どもがジュース…

全文を読む

意見がないのではなく

大変恥ずかしい話ですが、思い切って書きます。 息子は温和な性格です。 私の実母がとても穏やかな人だったので、おそらく隔世遺伝なのだと思います。 しかし、その温和さが、私にとっては苛立ちの1つでした。 覇気がない!と思って…

全文を読む

大人の叱り方を試す

今朝、玄関を掃除していてふと思い出しました。 おそらく、使っていた箒がきっかけです。 小学6年生の3月。 謝恩会を控え、全員で体育館を掃除していた時です。 私はモップで壇上を掃除していました。 と、そこへ教頭先生がいらっ…

全文を読む

プレイロール

子は、親の怒り方をコピーする。 と、よく言いますが、私の怒り方は父に似ています。 日頃は穏やかなのですが、一度怒ると非常に強く怒ります。 おそらく父も、私と同じ、白黒思考、何事も極端なのでしょう。 母は、日頃から気持ちや…

全文を読む