終活

今、放送を見終えたところです。
 NHK 特報首都圏「自分らしい“エンディング”」
 http://www.nhk.or.jp/tokuho/
人生のエンディングを生きているうちから決める人が増えているそうです。
それを 終活(しゅうかつ) と呼ぶのだとか。
昨年、47歳の誕生日を迎えた直後は「よし!老後の準備!」と思いましたが、
最近、「いや違う。死に方をどうするかだ」と思うようになりました。
きっかけは、向田邦子さんの年譜です。
向田さんは「父の詫び状」を47歳の時に執筆しているのです。
あとがきには、前年に乳がんを患ったことから
「のんきな遺言状のつもりで」書いたとあります。
私は現在、おかげさまで健康ですが、
死は、いつ、どのようにして訪れるか分かりません。
残された家族(特に息子)がつらい思いをしないように、
悔いのないようにしておきたい。
そう考えるようになり、実は先日より、
気楽な遺言状などを少しずつ書いたりしています。
と、そのようなことを考えている時だっただけに、
同じように「終活」をされている人が増えていることに
驚きと共感をおぼえました。
40代のうちにエンディングを整えておき、
そこに向けて悔いなく生きていく。
50代からの人生をさらに充実させていく。
生き方=死に方 かな・・と思ったりもしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。