夢を打ち砕くDSの脳年齢チェック

我が家にもついにDSがやってきました。
逆上がりができるようになったらDSを買ってあげると、
夫が息子に約束をしたからです。
ここで、本題から少し逸れますが。
実のところ、息子はDSが欲しいなんて一言も言ってないんですよね。
そう。夫が欲しかったんです。たぶん。いえ、絶対。
これ、実は、我が家によく見られるパターンなんです。
ある商品がある。
夫は息子に「欲しい?」と聞く。
息子は別に欲しいとも何とも思っていない。
夫が欲しい、買いたいと思っている。
息子は空気を読んで「うん」と言う。
私は「特に必要ないでしょう」と半怒りで言う。
だが購入すると、私が一番ハマる。
ということで、まずは母が動作確認をしましょうねと
インストールされていた「脳年齢チェック」をやりました。
ここからが本題です。
どんなひどい結果になるかと思っていたところ・・
なんと文系、理数系ともに実年齢マイナス15歳、と出たのです。
私の脳は、実年齢より15歳も若いというのです。
一体、どういうことなのでしょうか。
実生活を見ればボケにボケまくっており、たとえば、
(実例1)
ある人の年齢をどうしても憶えられず、会う度に、
「何歳でしたっけ?」と聞いてしまう。
(実例2)
同僚のアイスコーヒーについているミルクとガムシロを
自分のアイスカフェラテに平然と入れてしまう。
(実例3)
勤務先のパソコンにUSBを挿すと、
100回中99回は挿したまま帰宅する。
などなど、家族を含むあらゆる人々を驚愕させているのです。
脳年齢の結果を受けて脳トレをすれば、改善するかもしれない。
そんな私の夢を、実年齢マイナス15歳という結果が打ち砕きました。
DSが31歳だというこの脳に、私は何をすれば良いのでしょう。
この「うっかり」と「ぼんやり」は、どうすれば治るのでしょう。
誰か、教えて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。