父の声

仕事で落ち込んでいた夜。
夢の中で、私を励ます懐かしい声が聞こえてきました。

声の主は、入院中の父。
今はもう意志の疎通もできない父がベッドから起き上がり、
元気だった頃の表情と声で、力強く私を励ましてくれました。

亡くなったはずの母も、父の傍にいました。
「お父さん、すっかり元気になったのね」
そう母に言いましたが、母は笑顔のまま何も言ってくれません。
父に目を戻すと、もう父は眠っていました。

自信を持とう、だってお父さんとお母さんの子なんだから。
そんなことを思いながら、目が覚めました。泣いていました。

父も母も、見守ってくれている。
だから、自信を持って。自分らしくがんばろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。