私の「ねたみ」の対象はサラリーマン

朝の用事をこなしながら見ることが多い、NHKの情報番組「朝イチ」
今朝のテーマは「ねたみ」でした。

ねたみとの上手なつきあい方|NHK あさイチ
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/2015/07/29/01.html

私も一度、強いねたみを抱いたことがありました。対象は、サラリーマン。時期は、まだ子供が小さかった頃。ベビーカーを押して街を歩いている時、視界に、スーツを着たサラリーマンが飛び込んでくると、もう羨ましくて、羨ましくて、羨ましくて。そして、ねたましかった。

誰にも遠慮せず、持てる時間のすべてを仕事に注げるんだ、この人達は。仕事「だけ」していても、罪悪感を抱くことなんかないんだろう。しかも、思いっきり仕事して、帰ったら夕飯が出来ているんだ。いーよなー・・・・って。

「ねたみ」は、人間の本能的な働きの一つで、上手に生かせば、集中力や持続力を高める効果があるのだそうです。「ねたみ」を前向きの力に変えることもできるのだとか。そう考えると、子育て中に見かけたサラリーマンの姿は、私に、限られた時間で効率よく仕事をするための闘志に火をつけてくれたありがたい存在だったのかもしれません。

みなさんは、何が「ねたみ」の対象ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。