勧誘電話、やはり気になるのは入手先

時々、勧誘電話がかかってきます。

息子がいなければ、家電にかかってきた電話は取らないのですが、息子がいる時は、お友達からの可能性もあるので取らないわけにはいきません。昨日は、ちょうど息子がいる時でした。
「コンプリート」という会社からでした。いつもなら丁重にお断りして失礼するのですが・・・。

「コンプリートと申します。小学生のお子様をお持ちのお母様にお電話をさせていただいております。お母様でいらっしゃいますか?」

ちょうど前日の授業が「情報モラルと情報セキュリティ」で、「ベネッセの個人情報流出事件」について触れたところでした。入手先はどこなんだろう?と気になり、ダメ元で聞いてみることにしました。畏れ入ります、その前にこちらからお聞かせいただきたいのですが。正式な社名をお教え願えますか?この電話番号は、どこで入手されましたか?先ほど、小学生をお持ちのお母様にとおっしゃいましたが、この電話番号の家族構成をどこでお知りになりましたか?

すると電話の向こうの方が、小学生のお子さんはいないんですか?と尋ねるので、それはなんとも申し上げられませんと答えると、ガチャギリされました(-_-;)

小学生の子供がいるって、わかってかけたわけじゃない?のか・・・?うーん、でもなぁ。迷わず言ってたよなぁ。「小学生をお持ちのお母さまに」って。手元に何かリストがあったわけじゃないのかしら?それとも、この少子化の時代に0001から順番に電話かけて「小学生のお持ちのお母さまに」って電話しているんだろうか。それで何を売るつもりだったのか分からないけれど、
受注できるんだろうか。費用対効果はどうなんだろう?

うーん、やっぱり気になるなぁ。リストがあったんじゃないのかなぁ。気になるなぁ。気になるなぁぁぁっ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。