ネットがない時代のほうが幸せ?

ネットがない時代のほうが幸せ? で議論白熱
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/jikenbo_detail/?id=20110719-00020786-r25&vos=nr25mn0000001
私個人は、ネットがある今のほうが幸せだと感じています。
でも、「時代」として捉えると果たしてどうか。
総務省によると、昨年のインターネットの人口普及率は78.2%で、
2000年末の調査結果 37.1% の2倍を超えています。
世代別に見ると、10代 95.6%、20代 97.4%、30代 95.1%、
40代 も 94.2% となっています。
もはや、誰もが利用していると言っても過言ではありません。
と、ここで、ネットが普及したことより何が変わったのかを考えてみました。
あくまでも私の場合ですが、ふと思いついたのはこの3つです。
ひとつめ
疑問はネットを使えばすぐに解決する。
が、解答までの道のりが直線的なので知識が派生しない。
ふたつめ
相手と常に連絡を取り合っているので、
会っていない時の相手の行動を予測する能力、想像力が低下した。
みっつめ
憶えておきたい情景を写真で、しかも大量に保存することができる。
思い出をいつでも取り出せることができるようになったため、
五感で思い出を記憶する能力が低下した。
共感・・・してくださる方、いらっしゃるでしょうか。
やっぱり、私だけかな・・。
なんというか、何もかもがすべて瞬時につまびらかになってしまう、
そのことに実は味気なさを感じたりすることが、ままあるのです。
「あの映画に出ていた、あの人、名前、何だったかしら?」
「あの場所に桜の木があった?本当に?」
「遅いなあ。今、どこにいるんだろう?」
ネットが普及する前は、一生懸命に思い出そうとしたり、
考えたり、想像したり、頭をフル回転させたものですが、
今は、検索ボックスにキーワードを入力すればすぐに答が見つかり、
かつて訪れた場所も航空写真やストリートビューで見ることができる。
ネットが普及して、想像力と五感で記憶する力が衰えた分だけ、
もしかすると、世の中は味気なくなっているのではないか。
私はそんなふうに思うのですが。みなさんはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。