不審者と思われたかもしれない

小学校からの「不審者情報」これが意外と多くて驚きます。
先日は、中年女性が下校途中の男の子に話しかけて触ったという情報。
それで思い出しました。
もしかしたら私、不審者と思われたかもしれない・・・
そんな事件があったことを。
それはある平日の午後。ショッピングセンターを出て数分。
ふとバックミラーに目をやると、後ろの窓に貼りつくナゾの物体。
ひたすら凝視。そして気づく。
カマキリだ・・・。
車内なのか。車外なのか。それを確かめることが先決だ。
後ろのワイパーを動かす。カマキリは微動だにしない。
車内・・!
リアルな映像が脳裏に浮かぶ。
黄緑色の羽を振動させてカマキリがこちらに向かってくる。
もし、これが現実となったら。パニクって事故る。確実に。
速攻で、脇に寄せる。そして、車外に出る。
で? どうやってカマキリを追い出す????
そこへ通りかかったのは二人。小学生の男の子と60代と思われる男性。
どちらがよりカマキリに強いか。どちらなら確実にカマキリを追い出せるか。
「小学生の男の子 vs 60代男性」 結果、小学生の男の子に軍配。
「あの・・お願いがあるんだけど」
男の子に話しかける中年女性。つまり、私。
「車の中にカマキリがいるの・・」
男の子、無言。中年女性、つまり私は続ける。
「カマキリ、獲ってくれないかな・・」
男の子の顔が強張る。・・そして数歩後ずさり、
「あ、あの・・・ぼく、わかりませんっ!!」
と、走り去っていった男の子のランドセルは大きく揺れていたっけ。
って、ええええーっ!!! 私、もしかして不審者???
と思われたのかなあ・・。
もし、そうなら警察に通報があり、
さらに学校から全校生徒に「不審者情報」が配られたことでしょう。
カマキリを獲ってと言って車内に誘い込んだ中年女性がいました、と。
果たして、どうだったのか。
知りたくはないので調べていませんが・・。
ちなみにカマキリさんには20分後に降車いただきました。
ごく普通に暮らしている人間が、ある日、不審者になることもある。
みなさまも、どうぞお気をつけて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。