桜の花びらを手に

花を見つけると、いつも私にくれる息子。
今日は、園庭に落ちていた桜の花を持ってきてくれました。
が、自宅に戻る頃には花びらがしんなり。
すると、息子がしょんぼりと、
「お花はかわいそうだね。だって枯れちゃうから」と。
うーん。
お花ってかわいそうなんだろうか。
すぐ枯れちゃうことを花自身はどう思っているんだろう。
「それも自分の運命、来年もまた綺麗に咲くからよろしくね」
なんてドライに考えているのか。
それとも、「何を言ってるの、私は幸せよ、
だって咲いている時は世界で一番美しいんだもの、
たとえ枯れても、美しい自分がいた日々を誇りに思うわ」
と輝かしい気持ちを抱いているのか。
それとも、それとも、「どうせ私なんて枯れるのよ、
花は散るから美しいなんて勝手なこと言わないで、
私だっていつまでも綺麗に咲いていたいのよー」
と、ほとんどムード歌謡っぽく考えているのか。
うーん。
「かわいそう」か「かわいそうじゃない」か、なんて
花の気持ちがわからないんだから何とも言えないよなあ・・・。
などと色々考えてしまいまして。結局、息子には、
「でも、君に見つけてもらって、こうやって大事にしてもらって
お花はとっても喜んでいると思うよ」
と、かわいそうか、かわいそうじゃないかという論点を
ビミョーにずらして話をまとめました。
花は、自分がすぐに枯れてしまうことをどう思っているのだろう。
これってまるで心理テストみたいだなあ、なんて思いました。
人生観がちょっと出るのではないかなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。