無条件の肯定

もうかなり前のことになります。仕事上のことで、誰にも話せない悶々とした思い、自分をとても惨めだと感じるような思いを抱えて過ごしていたことがありました。

そんな日々の中でも、特にひどく気落ちするようなできごとがあった時のことです。悟られないように笑顔を作りながらも、気持ちはどうすることもできないほど落ち込んでいました。

ふと、ある女性と二人きりになりました。「つらいと思います」その女性が、声をかけてくれました。思いが溢れて、私は何も言えませんでした。その方は、懸命に私を励まし、ただただ私のつらい気持ちに寄り添ってくれました。

あの頃、なんとか自分の気持ちを保ち、仕事を続けられたのは、あの女性の支えがあったからです。あの無条件の肯定がなかったら、私は暗い世界の中で孤独を感じたまま泣きたいのをこらえ、必死に笑顔を浮かべ、震える足で立ちすくんでいたに違いありません。

————-

あの時は、本当にありがとうございました。あなたの優しさ、私は決して忘れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。