それは神のお告げなのか

昨夜の夢です。

洞窟の中に、ものすごくペテン師っぽい神様が白い煙と共に現れて、
こう言ったんです。

天国はいいよ~
楽しいことしかないからね~

でもね~
苦しいことがないからね~
今が楽しいってことが
分からないんだよね~

と、それだけの夢なのですが・・。

実は、このところピリピリしていまして。
原因は、息子の小学校生活です。
保育園の時のように、毎日、先生方と話すことがないため、
学校での息子の様子が分からず、心配で心配で仕方がないのです。

「学校、どうだった?楽しかった?」
NGワードと知りつつ、どうしても聞かずにいられない。

褒められたと聞けば歓喜に沸き、叱られたと聞けば気が動転し・・。
毎日毎日、一喜一憂して、時には泣いたりもして
もうヘトヘトに疲れて果てていました。

そんな時の、ペテン師っぽい神様の言葉です。
苦しみがあるから、喜びを感じることができる。
闇があるから光があるように。
今の苦しみは、喜びのためにあるんですよ。
と、いうことなのか。

まあ、ペテン師ですから。どうか、分かりませんが(笑)

このように、仕事では迷いなく突き進んでいますが、
育児ではオロオロとみっともなくうろたえております。

ペテン師神様。私が疲れていたら、また夢にきてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。