右脳と左脳

夫と息子は、右回りにも左回りにも見えると言うのですが・・。
私にはこの画像、どーーーーーしても左回りにしか見えません。
一瞬たりとも右回りには見えません。どーしても。どーーしても。

Right Brain v Left Brain | Herald Sun」によると、
右回りに見える人は右脳をよく使う人、左回りに見える人は左脳をよく使う人なのだとか。
そこで左脳と右脳について調べてみたら・・・
これがもう・・・衝撃的(笑)
まず左脳から。

左脳は「論理的な思考」を行う脳で、人間が特に発達した脳。
コミュニケーションでは、言葉や文字の認識などを行います。
耳から入ってきた言葉は、左脳によって論理的に分析され記憶して行きます。
記憶するエリアは CPU と同じく少なく、
記憶する言葉などがそのエリアいっぱいになると、
テープレコーダーのように、一番前に戻り重ね書きを行うそうです。
つまり、「聞いた事は忘れる」のです。

聞いたことは忘れる。それが私。なのね。
で、右脳。

右脳は、一言で言うと「五感を通じた感覚・感性」を取り扱います。
右脳の五感の認識パターンは、
瞬時に直感的にかつ総合的に外部情報を認識し判断します。
右脳の記憶容量は左脳に比べて大きく、CD や DVD のように
多量な映像情報や音楽情報を、データとして記憶する事が出来ます。
またその処理スピードも、左脳とは比べものにならないほど早いそうです。
例えでいうと左脳は、DOS 時代の文字中心のパソコンの CPUスピード。
それに対して右脳は、人間がまだ作った事のない
超超スーパーコンピュータのスピードだと言われます。
「見た事は覚える」と良く言われます。

右脳と左脳それぞれの役割」より
衝撃です。
私はDOSで、夫と息子はスパコン。
そんな・・そんな・・・(涙)
ということで、なんとか私も右脳を使えるようにしたいと、
youtubeでこんな動画を探してきました。

これを使って、なんとか右回りに見える脳にしたい。
努力で右脳は目覚めるのか。がんばれ!私の右脳!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。